経済

ハブのエキスで美肌 フェイスマスクシート開発

ハブのエキスを使った化粧品フェイスマスクシート

 サプリメント製造販売のうるまバイオ(うるま市、田中麻里社長)は、ハブのエキスを使った化粧品フェイスマスクシートを南都(大城宗憲社長)が経営するおきなわワールド(南城市)と共同開発した。

 24日から販売を開始、おきなわワールドをはじめ県内の土産品店やホテルなどでも販売している。
 うるまバイオとおきなわワールドの代表者らが同日、県庁で記者会見を開き、新製品を紹介した。ハブのエキスは肌に張りや艶(つや)を与え、保湿効果があるという。毒ヘビのイメージを抑えるために、天然アロマであるティーツリーとラベンダーを配合し森の香りを想像させる商品にした。
 おきなわワールドでは、ハブ博物公園でハブショーが実施されるなどハブに特化した取り組みが盛ん。ハブ博物公園担当の高橋巧公園部長は「地場産業の振興に努めるためにも、起爆剤となるような商品だ」とPRした。
 うるまバイオが発売する「琉球美肌」シリーズの第6弾で、県内企業と共同開発するのは今回が2回目。琉球美肌シリーズは2010年の発売開始から約62万枚を販売している。ハブのフェイスマスクシートの価格は1枚399円(税込み)。初年度は約10万枚の販売が目標。
英文へ→Facial mask sheet containing snake extract beautifies skin



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス