貘さんへ思い熱く あす新報ホールで生誕110年イベント

山之口貘生誕110年を節目に開かれる公演のリハーサルを行う佐渡山豊さん(前列中央)ら=5日午後、那覇市安里の「生活の柄」

 山之口貘生誕110年、琉球新報創刊120年記念企画「貘さん ありがとう。」(琉球新報社主催)が7日午後5時、那覇市泉崎の琉球新報ホールで開かれる。

催しは2部構成。第1部では山之口貘賞受賞者らによる座談会をはじめ、同賞や神のバトン賞の受賞者による貘の作品朗読が行われる。第2部ではフォークシンガーの佐渡山豊さんを中心に音楽と朗読、芝居などが展開される。
 5日午後、那覇市安里の飲食店「生活の柄」で第2部の打ち合わせがあり、佐渡山さんやバンドのマルチーズ・ロックのもりとさん、歌手の堀内加奈子さんらが楽器を手に音合わせをした。
 佐渡山さんは「詩人や歌手、役者らが、それぞれの立場から貘への思いを表現する場にしたい」と意気込む。もりとさんと堀内さんは「どんな公演になるか楽しみ。気軽に来てほしい」とPRした。
 第1部は入場無料、第2部は1ドリンク付きで前売り2千円(当日500円増し)。問い合わせは琉球新報社事業局(電話)098(865)5200。