社会

JICA沖縄 研修員1万人達成 記念式典で祝う

1万人目の研修員のオンギリ・シミオンさん(左端)とムガンバ・ジャネスさん(左から3人目)、ムイドゥンダ・パトリックさん(同5人目)=15日、浦添市の沖縄国際センター

 JICA沖縄は15日、浦添市前田の沖縄国際センターで、技術研修員受け入れ1万人達成セレモニーを開いた。県内で研修に励む海外研修員やJICA職員ら約80人が出席し、1万人達成を祝った。小幡俊弘所長は「1万人の沖縄ファンが世界中に存在している。ネットワークを広げ、有効に活用したい」と話した。

 1万人目の研修員はタンザニアとケニアから来た3人で14日夜、沖縄に到着した。3人は「エビデンス(科学的根拠)に基づく公衆衛生計画立案」コースを履修する予定。
 式典ではタンザニアの保健社会福祉省に務めるムガンバ・ジャネスさんが「帰国した研修員が沖縄はいい場所だったと言っていたので、とても楽しみにしている」と笑顔で語った。
英文へ→JICA Okinawa hosts 10,000th trainee



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス