芸能・文化

世界エイサー、レキオス連覇

 県内外で活躍するエイサー団体が創作エイサーの演舞で競う「世界エイサー大会」(同実行委員会主催)が6日、浦添市の国立劇場おきなわで開かれた。

海外を含めた30団体が参加し、伝統と斬新さを織り交ぜた独自のエイサーを披露し、会場を沸かせた。グランプリ部門の総合優勝に「創作芸団レキオス」(照屋忠敏代表)が輝き、大会2連覇を果たした。
 大会は5日に接近した台風23号の影響で、2日間の日程を1日に短縮した。
 グランプリ部門の総合2位に「古武道太鼓集団風之舞」、3位には「Eisa―Crew CROWN」が輝いた。優勝した創作芸団レキオスには副賞としてオリジナルエイサーソング制作権などが贈られた。
 創作芸団レキオスの照屋敏斗(としと)団長は「支援してくれた皆さんのおかげで2年連続グランプリ部門優勝に輝くことができ、感謝している。観客も盛り上がってくれ、とても良かった」と言葉に力を込めた。
英文へ→Requios wins Worldwide Eisa Festival again