政治

名護市長が意見を提出 辺野古埋め立てに反対 知事に不承認を要求

 稲嶺進名護市長は27日、県庁に川上好久副知事を訪ね、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設へ向けて政府が提出した埋め立て申請に反対し、仲井真弘多知事に承認しないよう求める意見を提出した。川上副知事は「利害関係者や関係機関、市長意見など、総合的に勘案しながら作業を進めていきたい」と答えた。

 稲嶺市長は「法令上の問題、事業の不適正性を指摘している。市民からの意見聴取は約2500件あった。県知事には、名護市民の思いを真摯(しんし)に受け止めてほしい」と強調した。
 県出身・選出の自民党国会議員らが選挙時の「県外移設」公約を撤回し、辺野古移設容認に転じたことに関し「大変恥ずかしいことだと思う。自民党県連にもそのような働き、圧力があるようだが、知事はこれまでの発言を堅持してほしい」とくぎを刺した。
【琉球新報電子版】
英文へ→Nago Mayor asks Okinawa governor to reject Henoko landfill



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス