政治

県議会、「仲井真弘多知事の辞任求める決議」を可決

 県議会(喜納昌春議長)の臨時会は10日夜、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立てを承認した仲井真弘多知事に宛てた「公約違反に抗議し、辞任を求める決議」を野党と中道会派の「そうぞう」の賛成多数で可決した。県議会で知事に辞任要求する決議が可決されたのは復帰後初めて。

 決議は野党側が提案したもので、知事が政府の辺野古埋め立て申請を承認したことについて「選挙で『県外移設』を掲げた政治家としての公約違反だ」と指摘。普天間の県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県議会の全会一致の決議を「決定的に踏みにじるものだ」と断じた。
 決議は辺野古移設の是非などについては触れていないが、県議会は知事への抗議決議案の採決に先立ち、辺野古移設を進める政府に移設の断念と普天間の速やかな閉鎖・撤去を求める意見書を野党4会派と県政与党の公明の賛成多数で可決した。【琉球新報】

→仲井真弘多沖縄県知事の公約違反に抗議し、辞任を求める決議 全文