政治

名護市長選 あす告示

(左から)稲嶺進氏、末松文信氏

 【名護市長選取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題が最大の争点となる名護市長選は12日告示される。19日の投開票に向け、移設に強く反対する現職の稲嶺進氏(68)=社民、共産、社大、生活推薦=と、移設推進を掲げる新人で前県議の末松文信氏(65)=自民推薦=が立候補を予定する。移設への賛否が明確に分かれた形で市長選に突入するのは初めてで、一騎打ちの激戦が予想される。

 移設問題では仲井真弘多知事が昨年末に辺野古沿岸部の埋め立てを承認した。知事の承認判断を稲嶺氏は強く批判し、末松氏は高く評価するなど、主張の違いは鮮明になっている。
 稲嶺氏は8日の決起大会で「辺野古の海にも陸にも新たな基地は造らせない。信念を貫く」と述べ、新基地建設に反対する立場をあらためて示した。基地建設は市長権限で「阻止する」と表明し再選を狙う。
 末松氏は9日の決起大会で「(辺野古移設の)実現なくして何ができるのか」と主張。移設を前提に交付される国の再編交付金による街づくりを掲げ、市政奪還を図る。経済政策などでも同交付金活用を訴える。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス