政治

知事、辞任「全くない」 埋め立て承認見直さず

 仲井真弘多知事は19日夜、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する稲嶺進氏が再選された名護市長選の結果に関して那覇市の知事公舎で記者会見し、辺野古移設に向けた埋め立てを承認したことに対する責任を取って辞任する考えについては「全くない」と表明した。

 埋め立て判断に関しては「もう(埋め立てを)承認したから、今からどうこうはできない」と述べ、自身の姿勢を変えないとの考えを示した。
 辺野古移設に強く反対する稲嶺氏の再選については「名護の有権者の意向だから、無論大きい」としつつ、辺野古移設への対応について「埋め立てについて先日承認した。後は代替施設を建設していくのは政府の仕事だ。県がどういう形で具体的に関係してくるかチェックする」と述べるにとどめた。
 稲嶺氏が辺野古移設を阻止すると表明していることについては「政府のプロジェクトが、首長の姿勢の影響をそれなりに受けると思う」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス