スポーツ

沖尚、美里工センバツ決定 県勢2校出場は4年ぶり

 第86回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が24日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、沖縄尚学と美里工が出場32校に名を連ねた。県勢の2校出場は、興南と嘉手納が出場して興南が優勝した2010年春以来、4年ぶり2度目。

 沖尚は2年連続6度目で、3季連続の甲子園出場。前身の沖縄高時代を含め春夏通算12度目となる。美里工は春夏通じて初めての出場。
 両校は昨年の県秋季大会決勝で対戦、続く九州大会でも初の県勢決勝対決を実現した。
 県大会2位の沖尚は九州大会で優勝し、全国10地区の代表が集う明治神宮大会では決勝で8点差をひっくり返す大逆転で県勢初優勝の快挙を成し遂げた。県大会を制した美里工は九州大会決勝で沖尚に3―4と惜敗したが、攻守に総合力の高さを見せた。
 選抜大会には秋季地区大会の成績を基にした一般選考29校(九州地区の神宮大会枠1を含む)と21世紀枠3校が出場する。組み合わせ抽選会は3月14日に行う。


2年連続6度目の選抜大会出場を決め、気勢を上げる沖縄尚学ナイン=24日、那覇市の同校グラウンド(諸見里真利撮影)

春夏通じて初の甲子園出場に喜びを爆発させる美里工ナイン=24日、沖縄市の同校グラウンド(花城太撮影)