経済

那覇―上海に就航 吉祥航空、週4往復の定期便

吉祥航空の那覇―上海定期便で来県した中国人観光客ら=31日、那覇空港国際線旅客ターミナルビル

 中国の吉祥航空は31日、那覇―上海線の定期便を就航した。2012年9月に開設を予定していたが、尖閣諸島をめぐる問題で就航を延期していた。
 00年8月に中国西北航空(現中国東方航空)が同路線を開設して以降、初の新規航空会社の参入。

吉祥航空は火木金日曜の週4往復を運航。使用機材はエアバス320の158席。初日の上海発の搭乗率は92%だった。那覇空港では歓迎式があり、ミス沖縄コバルトブルーの上原唯さんが乗客に星砂をプレゼントした。
 家族3人で初来県した上海の謝澄(しゃちょう)さん(20)は「東京と北海道に行ったことがあるので、まだ訪れたことがなかった沖縄を選んだ。美ら海水族館の観光を楽しみにしている」と笑顔を見せた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス