社会

那覇空港新国際線ビルで開業式典 海外7都市へ週61往復

那覇空港の新国際線旅客ターミナルビルの開業式典で、くす玉を割る関係者=17日午前8時14分、那覇市の同ビル

 那覇空港の新国際線旅客ターミナルビルは17日、運用を開始した。供用開始を前に、同ビルで開業式典が開かれ、国や県、航空各社の関係者らが出席し海外への新たな玄関口のスタートを祝った。

 式典で、国際線ビルを管理運営する那覇空港ビルディングの花城順孝社長は「沖縄はアジアの玄関口としていよいよ本格的に発展をしていく。これから国際線ビルがどんどん発展して進化を続けていけるよう取り組んでいく」とあいさつした。
 新国際線ビルは中華航空(台湾)やアシアナ航空(韓国)など航空10社が利用し、那覇と結ぶ台北やソウルなど海外7都市へ週61往復を運航する。 
 国土交通省の大阪航空局那覇空港事務所の大坪守空港長は「近年国際線の搭乗客数が大きく増加している。新国際線ビルの供用開始は絶好のタイミングだった。今後県経済や観光業に大きく貢献できるよう期待する」とあいさつした。
 リゾートウエディングの参加で家族40人と一緒に沖縄を訪れたという台湾の鄭明義(テイ・メイギ)さん(54)は「12日に旧国際線ビルから沖縄に入ってきた。国際線ビルが新しくなってだいぶ便利となった」と話した。 
 一方、旧国際線ビルは16日に閉館し、6月までに撤去する予定。
【琉球新報電子版】
英文へ→Naha Airport opens new international terminal building