社会

識名トンネル訴訟、次回から実態審理入り

 県道識名トンネル工事の虚偽契約問題をめぐり、県監査委員の勧告は不十分だとして住民が県知事に対し、監督責任者としての仲井真弘多知事らに国への補助金返還額のうち利息分約7千万円を返済させるよう求めた住民訴訟の弁論が2日、那覇地裁(鈴木博裁判長)で開かれた。

鈴木裁判長は、次回から実態の審理に入るとした。
 2012年12月の提訴から1年以上にわたって、訴訟の前提となる12年9月26日の監査請求が適正に行われたかという「入り口」の訴訟要件の有無が争われてきた。裁判所は中間判決として確定はしなかったが、今後の審理は要件があることを前提に進められる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス