ライブで映画館支援 宮古島で「フォークの日」初開催

フォークソングを歌って盛り上がる出演者ら=9日、宮古島市平良のシネマパニック宮古島

 【宮古島】のひなひろしさんら、宮古島を拠点に活動するフォークシンガーが出演したチャリティーライブ「第1回宮古島フォークの日」が9日、宮古島市平良のシネマパニック宮古島で開かれた。市民ら約200人が訪れ、フォークの音色に酔いしれた。

 ライブは映写機器のデジタル化のため募金を集めている同館を支援することが目的。宮古島で「フォークの日」イベントが行われるのは初めて。
 ライブにはのひなさんやこうせいさん、Noriさんら6個人・グループが出演し、ふきのとうや吉田拓郎さんらの定番曲から、各グループのオリジナル曲などを次々演奏。来場者らは手をたたいたり、体を揺らしたりして演奏を満喫した。観客から差し出されたアルコールを笑顔で飲み干す場面もあったほか、歌手の下地暁さんや杉山清貴さんがスペシャルゲストとして歌うなど、会場一体で盛り上がった。
 来場した与那覇直樹さん(57)は「宮古でフォーク尽くしのイベントはめったになく、胸がいっぱい。またやってほしい」と笑顔で語った。のひなさんは「これだけ多くの人が集まり感謝感激。寄付が映画館の力になればいい」と話した。
 ライブで得た収益約35万円が同館へ贈られた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス