“佐渡山節”に酔う 名護「フォークの日」ライブ

佐渡山豊さんの演奏で盛り上がったフォークの日ライブイベント=9日、名護市大中の「ライブ&カフェ夜が来る」

 【名護】4(フォー)・9(ク)に合わせた「フォークの日」ライブイベントが9日、名護市大中のカフェで開催された。津嘉山酒屋保存の会(比嘉伝英会長)が主催。フォークシンガーの佐渡山豊さんが出演し、佐渡山さんのファンをはじめ駆け付けた30人余の観客は、フォークの夜に酔いしれた。

 同ライブはこれまで、名護市にある国指定重要文化財・津嘉山酒造所での開催が恒例だったが、酒造所が修復に入っているため、今回は場所を移して実施された。
 ライブに先立ちあいさつした比嘉会長や名護市文化財保存調査委員会の岸本林委員長は「2016年の酒造所全体の改修の成功をみんなで願っていこう」と話した。
 佐渡山さんは同保存の会の会員で、以前、名護市内で暮らしていたこともある。「まちおこしの一役になれればうれしい」と述べた。
 この日のライブにはロックギタリストの国吉亮さんも出演。佐渡山さんの代表曲「ドゥチュイムニィ」が響くと、会場の熱気は最高潮に達した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス