政治

オバマ氏来日 「辺野古推進」確認へ 負担減言及なし

 日米首脳会談で安倍晋三首相は普天間飛行場移設問題について、仲井真弘多知事が昨年末に名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請を承認したことを強調する方針だ。

オバマ大統領も移設手続きの進展について歓迎する意向を示すものとみられる。両首脳が「辺野古推進」を確認する一方で、沖縄の過重な基地負担の軽減については、具体的なやりとりは行われない見通しだ。
 尖閣諸島沖で領海侵入をくり返す中国などを念頭に、領土主権の侵害行為に厳しい姿勢を示すが、共同文書に尖閣の具体名を記すことには米側が難色を示し、会談後の共同会見で表明するにとどめる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス