政治

大江健三郎氏、護憲訴える 東京で沖縄問題シンポ

米軍基地の在り方や集団的自衛権の行使容認などについて議論するシンポジウム=26日、東京都の法政大市ケ谷キャンパス

 【東京】「沖縄の問いにどう応えるか―北東アジアの平和と普天間・辺野古問題」と題したシンポジウム(普天間・辺野古問題を考える会主催、法政大沖縄文化研究所共催)が26日、東京都内の法政大で開かれた。作家の大江健三郎氏やオーストラリア国立大学名誉教授のガバン・マコーマック氏、我部政明琉球大教授が基調講演し、米軍普天間飛行場の移設問題などをめぐって討議した。

 仲井真弘多知事による辺野古埋め立て承認などの現状を踏まえ、沖縄の米軍基地の在り方などを話し合ったほか、尖閣問題、集団的自衛権の行使容認に進む安倍政権の問題点などについて議論が展開された。
 大江氏は「沖縄ノート」執筆時に何度も沖縄に通い、沖縄戦当時の「集団自決」(強制集団死)について聞き取りをした経験などに触れ「集団的自衛権の行使容認など、民主主義を壊すことを許してはいけない。沖縄の人たちが大きな被害を被ると懸念している」と述べた。さらに「憲法を守り続けよう。それを言うことが本土の人間がなし得る唯一の行動、闘いであると考えている」と呼び掛けた。
 マコーマック氏は海外有識者による辺野古新基地建設への抗議声明について紹介。「沖縄に重荷を負わせ続けて、その上に新基地を押し付けることに県民が反対するのは当たり前だ」と話し、声を上げ続けていくことの重要性を指摘した。
英文へ→Nobel laureate Oe speaks out on Okinawa problem in Tokyo