教育

記事読み意見交換 県NIE協、教員向けセミナー

記事に対するお互いの感想や意見を話し合う参加者ら=28日、那覇市久茂地の沖縄タイムス社

 教員向け研修会「第6回おきなわNIEセミナー」(県NIE推進協議会主催)が28日、那覇市の沖縄タイムス社で開催され、小中高校の教員ら16人が参加した。参加者らは、日本新聞協会が主催する「いっしょに読もう!新聞コンクール」への応募を授業に取り入れる手法を、ワークショップ形式で体験した。選んだ記事についてグループで意見を交わすことで自分の考えが深まり、多角的に考える力が身に付くことを学んだ。

 講師は佐久間洋比屋根小教諭、仲程俊浩城北中若夏分校教諭の両NIEアドバイザーが務め、児童生徒の実践事例を紹介した。
 あるグループは宮森小米軍ジェット機墜落事故の記事について、「『もう一つの慰霊の日』という見出しが気になった」「生々しい悲惨な体験だからこそ、聞いて語り継ぐことが大事だ」と意見を交わした。
 コンクールは家族や友達と記事を読んで意見を書き、応募する。他の人の意見を聞いて再度自分の考えをまとめることで、話す力や聞く力、要約して書く力が付く。夏休みの課題に取り入れることもできる。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス