社会

台風19号 大東島、11日午前に暴風域 気圧900ヘクトパスカル

 猛烈な台風19号は9日午前9時現在、フィリピンの東を時速10キロの速さで北西に進んでいる。中心気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の北側500キロ以内と南側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄気象台によると、大東島地方は10日午前9時ごろ強風域に入り、11日午前には暴風域に、同日午後7時すぎに最接近すると予想している。
 本島地方は10日の夜遅くから11日の未明にかけて強風域に入る見込み。気象台では引き続き警戒を呼び掛けている。
 本島地方の沿岸の海域は、うねりを伴いしけており、高波への注意を呼び掛けている。台風19号の外側の雲や湿った空気の影響で曇っており、弱い雨の降っている所がある。
 9日は本島と離島を結ぶ船も欠航が相次いでいる。全便欠航するのは渡嘉敷―那覇、座間味―那覇、伊是名―運天など。久高島や水納島も一部の便を除き欠航する。
【琉球新報電子版】