社会

台風の農水産業被害は8億6千万円 県が速報

 県農林水産部は14日午前、台風19号による県内農林水産業の被害額(第1報)は約8億6484万円に上ると発表した。

 最も被害が大きかったのは、サトウキビで約2億9124万円と見込んでいる。次いで、久米島にある車エビの養殖池の内壁破損などが3施設で確認され、2億3千万円となった。林業や畜産業などの被害は、現在調査中だという。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス