スポーツ

3冠の誇り胸に 興南ハンド喜びの凱旋

3冠を達成し、保護者や生徒らの祝福の出迎えを受ける興南高校男子ハンドボール部の選手たち=21日、那覇空港

 長崎県で開催されている第69回国民体育大会で優勝し、3月の全国高校選抜大会優勝、8月の全国高校総体優勝と3冠を達成した興南高校男子ハンドボール部の選手らが21日、那覇空港に凱旋(がいせん)した。

 誇らしげな表情で選手たちがロビーに現れると、保護者や生徒、我喜屋優理事長ら学校関係者が出迎え、「3冠おめでとう」などと祝福した。
 多くの出迎えに、あらためて3冠を実感したという下地利輝主将は「2冠したプレッシャーや、対戦相手も興南を倒すという気迫をはねのけて勝つことができ、楽しく悔いなく終わることができた。後輩には2、3年連続で3冠できるように頑張ってほしい」と喜びを語った。
 今回の中心メンバーが3年前、JOCジュニアオリンピックカップで優勝した時の監督・東江正作さん(53)=浦添市=は「3年前より成長していた。今はゆっくり休んで、次のステージでの活躍に期待している」と笑顔を見せた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス