スポーツ

沖縄総合44位 長崎国体最終日

 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体」は22日、長崎県諫早市の長崎県立総合運動公園陸上競技場で閉会式が行われ、閉幕した。長崎が天皇杯(男女総合優勝)、東京が皇后杯(女子総合優勝)を獲得した。沖縄は総合44位だった。

 第70回大会は和歌山県で来年9月26日から10月6日まで開催される。
 バスケットボール少年男子決勝は福岡(選抜)が97―83で茨城(選抜)に逆転勝ちし、4年ぶりに優勝した。陸上の少年女子A3000メートルは岡本春美(群馬・常磐高)が9分11秒65で制し、同男子B3000メートルは遠藤日向(福島・学法石川高)が8分17秒22で勝ち、島袋快仁(那覇西高)は9分10秒02で27位だった。成年少年共通400メートルリレーの男子は東京が39秒36で、女子は愛知が45秒86で優勝した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス