政治

辺野古「唯一の解決策」で一致 日米防衛相共同記者会見

 【東京】日米防衛相会談が8日午前、防衛省であり、米軍普天間飛行場の辺野古移設は「普天間飛行場の継続的な使用を回避するための唯一の解決策」との認識で一致し、移設作業を推進する方向性を確認した。

 会談後の共同記者会見で、中谷元防衛相は「代替施設の建設は環境保全に万全を期した最適の方法で各種作業を進めていく」などと説明。カーター米国防長官は普天間の移設を含めた在沖米軍再編について「日本政府の努力に感謝しており、米国としてもできることはやりたいと思っている。土地の返還も進み、グアム移転も行うことになるので、いくばくか負担が軽減できるのではないか」などと述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス