政治

辺野古、掘削作業継続か スパット台船に作業員の姿

名護市辺野古への新基地建設に反対し、拳を上げる市民ら=15日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で15日午前、沖縄防衛局は大浦湾で作業を続けている。辺野古沖長島北側のスパット台船2基と掘削機が取り付けられているクレーン船で作業員の姿があり、海底ボーリング調査関連の作業をしているとみられる。

 海上では新基地建設に反対する市民らが抗議船4隻、カヌー約10艇で抗議行動している。午前10時半現在、海上保安庁のゴムボートとにらみ合いが続いている。
 一方、キャンプ・シュワブのゲート前でも座り込みを続ける市民らが抗議の声を上げた。午前10時現在、約60人が集まっており、集会ではヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表が「(辺野古問題には)全国からの関心が高まっている」と呼び掛けた。 【琉球新報電子版】