教育

現場の意見尊重を 教科書採択、石垣で集会

教科書採択の在り方について討論する関係者ら=18日、石垣市健康福祉センター

 【石垣】ことしの中学校教科書選定を前に教科書採択の在り方について考えようと「子どもたちによりよい教科書の採択を求める市民集会」が18日、石垣市健康福祉センターで開かれた。参加者は講演会や討論会を通し、安倍政権が進める教育政策に注視する必要性や教育現場の意見を尊重した教科書選定の重要性などを確認した。

 討論会で琉球大学准教授の山口剛史氏は、ことしの社会科教科書検定結果について「沖縄戦の記述は増えたが、それで議論するのは危うい。どういう教訓や問題点を浮かび上がらせようとしているのか。編集意図を読み解く必要がある」とし、教員の調査が尊重される選定の仕組みを求めた。
 講演も務めた「子どもと教科書全国ネット21」事務局長の俵義文氏は「(保守色の強い)育鵬社版や自由社版教科書を全面支援し、教育再生政策を進める安倍政権の下で行われる教科書採択で、これまでの採択とは条件が違うことに注意してほしい」と呼び掛けた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス