政治

辺野古反対 米議員へ協力要請 玉城氏、知事書簡手渡す

翁長雄志知事からの辺野古移設反対を訴える親書を米議会関係者に手渡したと発表する玉城デニー衆院議員=23日、米ワシントン市内のナショナル・プレス・ビルディング

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】訪米中の玉城デニー衆院議員(生活)は23日、グアム選出のボルダリオ下院準議員と面談し、米軍普天間飛行場の県外移設と名護市辺野古への新基地建設断念を求める翁長雄志知事の書簡を手渡し、協力を求めた。

 これに対し、ボルダリオ氏は、日米両政府が進める辺野古移設と在沖海兵隊のグアム移転は推進すべきだとのこれまでの立場をあらためて強調した。ボルダリオ氏側からは、多くの人が辺野古移設はグアム移転とパッケージで進められているとの認識だとの見解が示されたという。2012年の日米合意は普天間問題とグアム移転は切り離すとしている。
 玉城氏は引き続き上院軍事委員会に所属する議員のスタッフに知事の書簡を配布したほか、同委員会の専門スタッフ2人と意見交換した。スタッフからは普天間問題は「日本の内政問題ではないか」「日米両政府が決めたことを議会が言う立場にない」など厳しい意見が出された。
 要請後、玉城氏は記者会見で「米議会内ではあくまでも辺野古移転とグアム移転はパッケージだということがあったので、どこに情報の誤差があるのか、沖縄における現状と(日本)政府が国内で説明していることと、米国に説明していることに齟齬(そご)があるのでないかと疑義があるので、しっかり確認、調査をしたい」と述べた。帰沖後、翁長雄志知事に報告する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス