社会

先島地方、11日夕にも暴風域 台風6号

 非常に強い台風6号は9日午後9時現在、フィリピンの東にあり、勢力を強めながら時速15キロで北西に進んでいる。今後は勢力を強めながら進路を北寄りに変えて進むとみられる。このままの針路だと11日夕方ごろには先島地方、12日午前中には沖縄本島地方が暴風域に入る可能性がある。

 気象庁によると、9日午後9時現在、台風の中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートル。風速25メートル以上の暴風域は中心から半径110キロ、風速15メートル以上の強風域は半径280キロ。
 先島の沿岸海域ではうねりを伴い10日夕から波が高くなり、11日には大しけになる見込み。特に石垣島地方は大荒れの天気となる見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス