政治

普天間飛行場「放置はいけない」 宜野湾市長が日本記者クラブへ

日本記者クラブ沖縄取材団からの質問に答える佐喜真淳宜野湾市長=12日午後、同市役所

 【宜野湾】宜野湾市の佐喜真淳市長は12日午後、日本記者クラブ沖縄取材団の記者会見に臨んだ。佐喜真市長は米軍普天間飛行場の成り立ちについて「米軍によって接収され、基地が出来上がった。隣り合う地域が分断された歴史がある」などと説明した。その上で同飛行場移設問題に触れ、「問題の原点は街のど真ん中にある飛行場が危険ということだ」と重ねて強調した。

 翁長雄志知事が辺野古への基地建設反対を訴えていることについては、「普天間の固定化があってはならないというのは県民の総意だ。街のど真ん中にある飛行場を放置してはいけない」と述べた。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス