エンタメ

「洋楽=2」イマジン・ドラゴンズ『スモーク・アンド・ミラーズ』

ジャンルの境界線を越えた音楽クリエーター

 「今の時代ワンクリックで世界中のさまざまなジャンルの音楽が分け隔てなく聴ける。その境界線のないサウンドが僕らの音楽であり聴き方だ」と語るイマジン・ドラゴンズはまさに今日を象徴する音楽クリエーターだといえます。

 ラスベガス出身の4人組は2008年オーガニックなリズムで彩られたロック・サウンドでデビュー、14年グラミー賞を受賞しました。新作ではツアーで体験した世界のリズムをコラージュし幻想的でスケール感のあるサウンドづくりに成功しています。
 かつてなら大掛かりなレコーディングが想像されるサウンドなのですがボーカルは自分のラップトップやUSBマイクを使って録音したと言いますから隔世の感がします。ネット環境はパターン化した音楽を大量生産するといったビジネス・スキームに変革をもたらしました。つまりマスではなく個性に対応し、より多様化したのです。さまざまなジャンルの音楽要素を取り入れ自由な音づくりをする彼らの動向は今後も見逃せません。
 (ユニバーサル・2200円+税)=北澤孝
(共同通信)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北澤孝のプロフィル
 きたざわ・たかし 1947年、東京生まれ。小学生のころからダイナ・ショアなど洋楽を好み、大学時代はニューオリンズ・ジャズ・クラブに所属し、トラッド・ジャズを研究。その後レコード会社、音楽出版会社に勤務。携わったアーティストは、ポール・モーリアからボン・ジョヴィ、ブリトニー・スピアーズ、MONKEY MAJIK、Superflyまで多岐にわたる。

スモーク・アンド・ミラーズ
イマジン・ドラゴンズ
ユニバーサル ミュージック (2015-05-20)
売り上げランキング: 5,074


イマジン・ドラゴンズ『スモーク・アンド・ミラーズ』

北澤孝


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス