社会

台風9号 あす沖縄地方に最接近 船便欠航相次ぐ

 気象庁によると7日午後9時50分現在、大型で強い台風9号は沖ノ鳥島近海にあり、暴風域を伴いながら1時間に20キロの速さで西北西に進んでいる。9日に沖縄地方に最接近する恐れがある。台風10号は7日午後10時現在、南シナ海にあり、ゆっくりした速度で北北西に進んでいる。9、10号の影響で沖縄本島と周辺離島を結ぶ船便に欠航が出たほか、石垣島-波照間島便も欠航した。

 航空各社は8日まで通常運航を予定しているが、9日以降は台風の進行状況を見て判断するとしている。
 台風9号は7日午後9時50分現在、中心気圧965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。
 台風10号は7日午後10時現在、中心気圧980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。半径210キロ以内は風速15メートル以上の強風域。
 台風9号、10号の影響で7日、複数の船便に欠航が出た。渡名喜、久米島、座間味、渡嘉敷、大東など本島と周辺離島を結ぶ14便(往復)が欠航したほか、石垣島と波照間島を結ぶ8便(同)が欠航した。8日の運航は当日の朝の状況を見て判断する。
 台風11号は同日午後10時5分現在、西太平洋のトラック諸島にあり、勢力を強めながら1時間に25キロの速さで西北西に進んでいる。中心気圧925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径80キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス