エンタメ

「ブレーク盤」瀧川ありさ『夏の花』

2ndシングルは大器の証拠?

 中学のバンドから10年以上を経てデビューした女性シンガー・ソングライターの2nd。今年の新曲とは思えぬほど、どこか“既聴感”があるが、決して古めかしくもなく、これこそが大器の証拠かもしれない。

 表題曲は、淡い恋心を歌ったミディアムチューン。夏に合う爽快な歌声も良いが、「海の匂いがする路面電車」や「花が咲いた瞳から涙滲んでた」など、一瞬を切り取ったような情景描写が見事。初期の岡村孝子を聞くような感覚。
 カップリングは、打ちこみ音や裏声がより涼しげにさせる『Summer of Love』と、バンドサウンドと日本語だけの歌詞がどこか“はっぴいえんど”的な『赤いスニーカー』を収録。日記調の歌詞とは対照的に、3曲とも一人称が“僕”なのも、実は大きな個性だと気付いた。
 初回盤の16ページブックレットに笑顔が1つもないのも、逆に音楽を深掘りしたくなって効果的。本作を聞けば、夏ならではの繊細な感情を追体験したくなるはず。
 (ソニー・CD+DVD初回盤1389円+税、通常盤1204円+税)=つのはず誠
(共同通信)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つのはず誠のプロフィル
 つのはず・まこと 1968年生まれ。総合化学会社、広告代理店勤務を経て、T2U音楽研究所を設立。音楽市場分析のほか、音楽配信サイトやオムニバスCDの選曲を手がける。

夏の花
夏の花
posted with amazlet at 15.07.22
瀧川 ありさ
SME (2015-07-08)
売り上げランキング: 18,139


瀧川ありさ『夏の花』(通常盤)

つのはず誠


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス