社会

【台風12号】大東地方、24日午後に最接近 本島は25日

 強い台風12号は23日正午現在、南大東島の東南東約470キロにあり、暴風域を伴いながら1時間に15キロの速さで西へ進んでいる。沖縄気象台によると、大東島地方には24日の夕方から夜ごろに最接近し、25日の朝から昼前ごろには沖縄本島地方に最接近する見通し。

 23日正午現在の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。
 沖縄気象台は台風の特徴として「暴風域の半径が90キロとコンパクトで、接近した場合は急に風が強まる恐れがある」として気象情報に注意するよう呼び掛けている。20日に記録的な豪雨に見舞われた沖縄本島地方では土砂災害も懸念される。気象台は「本島に接近した場合には警報級の雨が降る恐れがある。先日の豪雨によって土壌中にはまだ水分が残っているので、強い雨が降った場合は土砂災害も起こりうる」と警戒を呼び掛けている。
 【琉球新報電子版】