社会

本島 昼ごろ最接近 台風12号、南大東で31・9メートル

 強い台風12号は24日午後9時50分現在、南大東島の南約90キロにあり、大東島地方を暴風域に巻き込みながら1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいる。24日午後3時8分、南大東村南大東で最大瞬間風速31・9メートルを観測した。沖縄気象台によると、台風は勢力を維持しながら25日昼ごろ沖縄地方に最接近する見通し。大東島地方は25日明け方ごろ暴風域を抜ける見通しだが、沖縄本島地方は25日昼ごろから夕方にかけて暴風が吹く見込み。沖縄本島では最大瞬間風速35メートルの強い風が予想されている。

 24日午後10時現在、南北大東島のほか、那覇市や宜野湾市、金武町など計6市町村で30人が自主避難している。
 沖縄気象台は「暴風域の半径が70キロとコンパクトなのが台風12号の特徴だ。接近時に急に風が強まる恐れがあるので十分注意してほしい」としている。
 また、25日は多いところで1時間の雨量が70ミリに達する可能性があり、気象台が土砂災害などに注意を呼び掛けている。
 台風の接近で週末の県内各地のイベントは延期や中止が決まった。24日の空と海の便は乱れ、一部は欠航した。25日も既に欠航が決まっている便もある。本島北部地方と久米島地方への最接近は25日夕方ごろと見込まれる。
 台風12号は24日午後9時50分現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径70キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。