政治

政府、辺野古の県潜水調査容認へ 在日米軍と調整

 政府は、米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古沿岸部での県の潜水調査を認める方向で在日米軍と調整に入った。複数の政府筋が28日、明らかにした。工事専用船舶以外の航行を禁じる臨時制限区域を管理する在日米軍が近く正式決定する。日米両政府は、沖縄防衛局の海底ボーリング調査でサンゴ礁が傷ついた恐れがあるとして県が調査許可を求めていたことに一定の配慮を示す必要があると判断し、拒否方針を転換した。

 辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事は潜水調査によって許可範囲外のサンゴ損傷を確認できれば、岩礁破砕許可を取り消したい意向だ。
(共同通信)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス