エンタメ

「DVD=3」NUMBER GIRL『記録映像 LIVE 1999-2002』

15周年を記念する未発売ライブ映像集
 1995年から2002年まで活動した、男女4人組オルタナティブ・ロックバンド、ナンバーガールのデビュー15周年にあたって企画された、未発売のライブ映像集。1枚目には、2002年7月25日に赤坂BLITZで行われたライブがサラウンド仕様で収録され、2枚目には1999年と2001年の野外音楽フェスティバルでの演奏が収録されている。古くからのファンにとっては、当時を懐かしみながら楽しめる内容だろう。

 毎回、「福岡市博多区からやって参りました、ナンバーガールです」と、ボーカル、ギターの向井秀徳が口火を切って始まるライブは、その次の瞬間から、混沌とした音のうねりが渦巻く幻想的な歌詞の世界へと観客を引き込んでいく。かくいう筆者も、初めてナンバーガールの曲を聞いたとき、「ノイズミュージック?」と思ってしまったのだが、人間の感情そのものを表現したような深い音楽性に次第に魅了された。のちに、あるイベントで向井と接する機会があったとき、彼のつくる音楽とは対象的な、物静かな佇まいの人だったことが印象に残っている。
 人の外面と内面のギャップが、音楽という表現手段の魅力のひとつだ。映像作品では、視覚と聴覚の両方でその魅力を楽しむことができる。
 (ユニバーサル・4800円+税)=小西樹里
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小西樹里のプロフィル
 こにし・じゅり 1977年生まれ。米東海岸で高校・大学時代を過ごす。雑誌編集を経て、2006年よりフリー。音楽、本、映画、演劇、写真、ラジオなど文化系を守備範囲とする一方、国際政治論/動静ウオッチャーでもある。
(共同通信)


記録映像 LIVE 1999-2002 [Blu-ray]
ユニバーサルミュージック (2015-06-24)
売り上げランキング: 8,497


NUMBER GIRL『記録映像 LIVE 1999―2002』

小西樹里