社会

台風21号、先島きょう最接近 重大災害の恐れ 八重山で40人避難

 大型で非常に強い台風21号は27日午後11時現在、石垣島の南東約230キロにあり、中心気圧925ヘクトパスカルで暴風域を伴いながら時速15キロで西に進んでいる。沖縄気象台によると、勢力を維持しながら先島諸島に28日朝から夕方にかけて最接近する見込み。27日午後11時時点で八重山地方で40人が自主避難している。大型で動きが遅く暴風が長時間続く見込み。沖縄気象台は「八重山地方では(最大瞬間風速71・0メートルを記録した8月の)台風15号と同規模かそれ以上の重大な災害が発生する恐れがある」とし、厳重な警戒を呼び掛けている。

 石垣島地方は27日午後0時25分、宮古島地方は同日午後3時45分、与那国島地方は同日午後6時27分に暴風警報が発表された。27日午後10時53分に新石垣空港で最大瞬間風速25・2メートルを記録した。
 28日に予想される最大瞬間風速は八重山地方で70メートル、宮古島地方で35メートル、沖縄本島地方で30メートル。
 27日の宮古、石垣、沖縄本島と各離島を結ぶ海と空の275便に影響が出た。28日の空は宮古、石垣と各地を結ぶ98便、船は宮古、石垣と各離島を結ぶ全便が欠航を決めた。
 先島諸島では28日昼すぎにかけて1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。28日午後9時までの24時間雨量は多い所で300ミリの見込み。さらに28日朝の満潮時刻と台風の最接近が重なると、潮位が2メートル以上になる恐れがある。
 27日午後11時現在の台風21号の中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、半径150キロは25メートル以上の暴風域、半径500キロは15メートル以上の強風域。


台風21号接近で雨が強まる石垣市内=27日午後5時ごろ、市役所通り