社会

【台風21号】波照間で43.6メートル

石垣市と竹富町に暴風・大雨洪水警報
 非常に強い台風21号は28日午前8時現在、西表島の南南東約120キロにあり、八重山地方を暴風域に巻き込みながら時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル。

石垣島地方、与那国島地方ほか宮古島地方に暴風警報が発表されており、石垣市と竹富町には大雨洪水警報が発表されている。
 台風21号は今後、勢力を維持しながら、石垣市と竹富町には昼すぎ、与那国町には夕方ごろ最接近する見通し。沖縄気象台によると、竹富町波照間で午前8時30分に最大瞬間風速43・6メートル、波照間空港で午前8時25分に40・1メートルを記録した。
 石垣島地方では28日夜のはじめ、与那国島地方では夜遅くまで暴風が続く見込み。71・0メートルを記録した8月の台風15号と同規模の最大瞬間風速が吹く恐れがあるほか、局地的に1時間に80ミリ程度の猛烈な雨となる恐れもあり、気象台は厳重な警戒を呼び掛けている。【琉球新報電子版】


潮位が高くなった登野城漁港。水しぶきをあげ波が岸壁を乗り越えていた=28日午前9時半ごろ、石垣市登野城

台風21号の進路予想図(28日午前9時現在、気象庁ホームページより)