教育

「コロナニマケルナ」 入学式で使う予定だった花で生徒にエール

「コロナニマケルナ トミナン」の花文字の前で生徒に手を振る豊見城南高校の教員(提供)

 豊見城南高校の教員が、延期された入学式で使う予定だった花で「コロナニマケルナ トミナン」の花文字をつくった。教員一同が文字の前で手を振る動画を作成して動画配信サイト「ユーチューブ」に投稿し、生徒にメッセージを伝えている。

 同校教員らは、臨時休校期間の長期化で家にこもる生徒を心配し「何かできないか」と模索していた。5月まで持たない入学式用の花を使い、花文字でメッセージを伝えることを思いつき、動画で配信した。

 企画した美差正夢教諭(32)は「生徒から『先生たちウケる』といった反応があった。顔を合わせられないが、メッセージを伝えられて良かった」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス