社会

薄曇りサンデー歓迎 海辺で子どもら歓声、ビーチパーティーも

海水浴を楽しむ家族連れら=28日午後、うるま市与那城の海中道路(喜瀬守昭撮影)

 沖縄本島地方と大東島地方は28日、前線の影響で曇り、先島諸島は太平洋高気圧に覆われて青空が広がった。うるま市与那城の海中道路では、家族連れなどが海水浴やビーチパーティーなどを楽しんでいた。


 6月最後の日曜日に2人の孫を連れて、6家族でビーチパーティーを楽しんでいた島尻幸男さん(60)は、「新型コロナウイルスで自粛していたので、久しぶりに海を楽しめて良かった。雲が多く過ごしやすく、子どもたちも喜んでいる」と微笑んだ。

 沖縄気象台によると、向こう一週間は高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込み。期間の中頃には、湿った空気の影響で曇りや雨の日がある。気温の高い日もあるので熱中症などに注意を呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス