地域

ギョクシンカ漂う気品、森の中に白く輝く

一村も描いたギョクシンカ=名護市内

 【名護】画家の田中一村も描いたといわれるギョクシンカが沖縄県名護城周辺で咲いた。薄暗い森の中で真っ白い花に出合うとなぜかほっとする。


 花は枝先に集散花序に付き、可憐(かれん)だ。香りはほとんどないが、ほんのり甘い香りがすると言う人も。花は線香花火のようだ。

 茎は直立し高さ2メートルほど。早朝ウオーキングに来ていた名護市の上原康成さんは「清潔そうで気品のある花ですね」と立ち止まって観察していた。

 九州南部、沖縄、台湾に分布。アカネ科。
 (幸地光男通信員)




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス