くらし

外壁にまさかのメロン! 肥料の中に種? 那覇・安謝市営住宅

安謝市営住宅の壁面に垂れ下がるメロンに笑顔を見せる親子=27日、那覇市安謝(大城直也撮影)

 沖縄県那覇市安謝市営住宅の外壁に大小四つのメロンがなり、住民の話題になっている。メロンは4階廊下の花壇から生え、外壁を伝って3階の廊下に垂れ下がっている。花壇に肥料として捨てられた果物くずの中に種があったとみられる。当初は何の植物か分からなかったが、網目模様ができてメロンと判明。住民らは「ふぃるましむん(珍しいものだ)」「上等やさ」と喜んだ。

 3階に住む安村扶美子さん(90)が6月中旬、4階から垂れ下がった謎の植物に気付いた。メロンと分かり「味見が楽しみ」とほほ笑んだ。27日には隣のあじゃ保育園に通う新里理仁(りひと)ちゃん(3)もメロンを見てびっくり。母みつきさん(36)は「生命力にあやかりたい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス