地域

祝福の花束おいしく「むしゃむしゃ」 敬老の日に長寿動物祝う こどもの国

ハイビスカスなど花束をおいしそうに食べる済州馬マールと飼育担当の島田晴加さん=9月21日、沖縄市の沖縄こどもの国

 【沖縄】沖縄こどもの国で長年頑張ってくれている長寿動物たちの長寿を祝おうと9月21日の敬老の日、園内最長老カバのモモエ(43歳)など7種8頭の動物の長寿動物祝いが各動物舎前で開かれた。

 人間でいえば80代の24歳になる済州馬の雌マールと雄ウォーリーには、飼育担当の島田晴加さんから長命草や月桃、ハイビスカスなど栄養価の高い花束の餌をプレゼントされ、2頭はおいしそうに完食した。若い頃は茶色だったマールは白い芦毛(あしげ)(馬の毛色)に変化しているが、食欲旺盛で走るのが大好きだという。

 家族で訪れ長寿を祝った砂川春奈ちゃん(3)は「おいしそうに葉っぱを食べてた。長生きしてね」と笑顔で話した。

 チンパンジーのすぐる(雄)42歳の長寿祝いは動画で配信している。
https://youtu.be/JzH7aHj-MAk
 (喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス