スポーツ

キングスホーム戦、好プレーにブースター歓喜、熱気を久々共有 Bリーグ第3戦

拍手でキングスを応援するブースターら=10日、沖縄市体育館

 黄金色のヒーローたちが帰ってきた―。10日夜、琉球ゴールデンキングスの公式戦が約8カ月ぶりにホームで行われ、駆け付けた1321人のブースターが久しぶりの熱気を味わった。隣同士で席を空けたり、声を出しての応援が禁止されたりと制限はあったが、キングスの好プレーが飛び出すたびに盛大な拍手が送られた。

 息子の凜さん(8)と来場した山城翔太さん(38)=那覇市=は「思わず声が出そうになることもあるがなんとか我慢しています」と手に汗握る展開を静かに見守った。いつもと違った中での応援。「どこか物足りない気もするが今季も活躍してほしい」と再び大声援を送れる日々を心待ちにする。

 クーリーのファンの長濱聖凪さん(9)=沖縄市=は「久しぶりに見られてうれしい」と照れ笑い。父親(34)は「制限もあるけど、生で見られる試合に代えられるものはない」と拍手でプレーを鼓舞した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス