地域

ネズミからウシへ...今年の「主役」に引き継ぎ式 沖縄こどもの国

口之島牛のしのぶ(右)とモルモットのだんご(左)=2日、沖縄市の沖縄こどもの国

 【沖縄】沖縄こどもの国で毎年恒例の「干支(えと)の引き継ぎ式」が2日、沖縄市の沖縄こどもの国内の在来家畜コーナーで開かれた。


 昨年の子(ね)年のネズミ代表・モルモットのだんごから、丑(うし)年のウシ代表・口之島牛のしのぶへ「今年の主役です」と書かれたたすきをつないだ。

 会場では牛にまつわるクイズ大会もあり、正解した子どもたちにはオリジナルしのぶ丑年シールが配られた。兵庫県から家族で訪れた小学4年生の毛利宗亮さん(10)は「クイズを3問正解してうれしかった」と笑顔で話した。

 ZOOスクール(東ゲート隣り)で31日まで干支展も開催している。
 (喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス