地域

トトロにポニョ…ジブリ壁画で地域を明るく 留学延期中、家の壁面に描きました

伯父宅の壁面に大きなジブリの絵を描いた只石レイナさん(中央)ら=23日、うるま市

 【うるま】大阪府出身の只石(ただいし)レイナさん(19)がこのほど、スタジオジブリのアニメ映画に登場するキャラクターの絵を、うるま市の伯父宅の壁に大きく描いた。22日に完成し、道行く人を楽しませている。

 元々絵を描くのが好きな只石さんは今回、ペンキを使い、初めて壁面アートに挑戦した。「魔女の宅急便」や「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などに出てくるキャラを描いた。

 昨年9月に台湾留学を計画していたが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、1年の延期を余儀なくされた。母親の実家があるうるま市には毎年訪れているという。祖母の提案で、ジブリの絵を描き始めた。

 制作中、多くの人から声を掛けられた。只石さんは「子どもたちも喜んでくれた。地域が明るくなり、見た人を勇気づけることができればうれしい」と笑顔を見せた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス