地域

ふわふわ「ピーピー」バリケンのひな 首里の龍潭で愛らしく【動画あり】

水面を気持ち良さそうに泳ぐバリケンの親子=20日、那覇市首里の龍潭(大城直也撮影)

 那覇市首里の龍潭でバリケンのひながこのほど誕生し、ふわふわとした黄色い羽毛に覆われた愛らしい姿が市民らの目を楽しませている。20日には、約10羽が「ピーピーピー」と鳴きながら親鳥の後を追いかけて泳ぐ姿が見られた。

 バリケンは、南米原産のガンカモ科の一種で「タイワンアヒル」「フランスガモ」とも呼ばれる。池の周りで風景画を描いていた県立芸大1年の東條ほのかさんは「目の前を泳いでいた。とてもかわいい」と話した。




関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス