地域

トントンミー「恋ダンス」 大潮の沖縄・佐敷干潟

マングローブの根元でジャンプするミナミトビハゼ=27日午後、南城市佐敷冨祖崎(ジャン松元撮影)

 沖縄県南城市佐敷冨祖崎の佐敷干潟のマングローブでは、春先からミナミトビハゼ(トントンミー)の繁殖期が続いている。大潮の27日、雌を巡って雄同士が威嚇し合ったり、跳びはねたりするなど求愛行動が見られた。

 沖縄本島地方は同日、梅雨前線の影響で曇りや雨になった。石垣島や宮古島の地方は高気圧に覆われて青空が広がり、宮古島市鏡原で33.2度、同下地島で32.6度と、共に5月の観測史上最高を記録した。沖縄気象台によると、28日の沖縄地方は梅雨前線の影響で曇りや雨の天気で、所により雷を伴って降る見込み。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス