地域

ライトアップで夜の観光スポットに 福州園がリニューアルオープン 那覇市久米

 【那覇】那覇市久米の「福州園」が「なはの日」の7月8日、リニューアルオープンした。ライトアップの照明を整備して午後9時まで営業時間を延ばし、夜の観光需要掘り起こしを図る。同日は式典が開かれ、来場者は園内とアトラクションを楽しんだ。


リニューアルした福州園でアトラクションを楽しむ来場者=那覇市久米

 福州園は那覇市の施設。市制70周年と、中国福州市との友好都市締結10周年を記念して1992年に開園した。日本沖縄華僑華人総会とイベント会社ピーエムエージェンシーでつくる共同事業体が2022年度から26年度まで、福州園を含む松山公園文化交流施設の指定管理者となる。

 式典で城間幹子市長は「民間活力が発揮され、観光とまちづくりに寄与すると期待している」と述べた。来園した金子久美さんは「木や池がきれいになった。夕涼みに来たい」と話した。
 (伊佐尚記)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス