地域

「ファーマーズいとまん」900万人来場 開所13年余

来客が900万人に達したことを記念し、9組の客と記念撮影する直売所の関係者=9日、糸満市西崎の「ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場」

 【糸満】糸満市産の新鮮な野菜が並ぶ直売所「ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場」(JAおきなわ糸満支店運営)は9日、来客が900万人に達したことを記念する「感謝祭」の式典を開いた。

 同直売所は2002年11月に開所した。昨年度は約85万人が訪れた。式典では900万人達成にちなんで、9組の家族らに米などの記念品を贈った。店の出入り口では、生産者らが袋入りのキュウリやオクラなどを無料で配布した。

 JAおきなわ糸満支店の伊敷幸信支店長は「これからも消費者ニーズに応える安全、安心な農産物の提供に取り組みたい」と述べ、市場を支える客や生産者に感謝した。

 同市場生産者会の長嶺栄会長は「本物の野菜を今後も提供していきたい」と話した。

 娘の江美瑠(えみる)ちゃん(5)、息子の瑞(るい)ちゃん(3)と一緒に記念品を受け取った長浜洋平さん(37)=那覇市=は2人の保育園が近く、よく市場に立ち寄るという。「野菜が新鮮だから、よくここで買う。(900万人目と言われ)びっくりした」と話した。

 同直売所の昨年度の売上額は農家からの委託と仕入れを合わせて約15億2千万円。生産者の会員は開店当時の280人から1294人に増えた。

 2度の施設拡張などを通し客数と売り上げ実績は伸び、03年は約29万人だった客は09年以降毎年80万人を超えている。

 今の季節はゴーヤーやマンゴーが売れ筋という。




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス