教育

比嘉大吾選手、後輩を激励 「つまずいたとき、しっかり道を選んで」

チャンピオンベルトを肩に掛けた比嘉大吾選手と記念撮影する母校・仲西中学校の生徒ら=4日、浦添市屋富祖

 【浦添】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルを初防衛した比嘉大吾選手が4日午前、母校の沖縄県浦添市立仲西中学校(松田孝校長)を訪れた。体育館に集まった生徒882人を前に、比嘉選手はユーモアを交えながら「負けたり挫折したりすることが、その後の成功につながる」と生徒らを笑顔で激励した。

 比嘉選手は、友人と遊ばずにトレーニングしたことなどを語り「何かを得るために別の何かを犠牲にしないといけない。つまずいたときはしっかり道を選んでほしい」と述べた。

 生徒からは「どうやって強いメンタルがついたのか」との質問に、比嘉選手は「僕も隠れてお菓子を食べてしまうなど強くはない。でも最終的にやるのは自分なのでやらないといけない。弱くても、やるべきことをやっていればどんな世界でも通用する」と語った。

 生徒を代表して3年の比嘉涼佑さんは「大吾選手の言葉は励みになる。私たちもいろんなことにチャレンジしたい」と感謝した。