スポーツ

鷲津、最多4度目V 男子、ブラウン連覇 宮古島トライアスロン

子どもと一緒にゴールを目指すトライアスリートたち=22日午後8時すぎ、宮古島市陸上競技場(花城太撮影)

 【宮古島トライアスロン取材班】第34回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・沖縄県宮古島市、琉球新報社)は22日、与那覇前浜ビーチをスタートし、宮古島市陸上競技場をゴールに、スイム(3キロ)、バイク(157キロ)、ラン(42・195キロ)の合計202・195キロで行われた。女子は鷲津奈緒美(34)=神奈川=が昨年に引き続き頂点に立ち、女子最多の4度目の優勝を果たした。男子はキャメロン・ブラウン(45)=ニュージーランド=が連覇し、2度目の栄冠を手にした。


 鷲津は9時間10分42秒でゴールし、ブラウンは7時間52分06秒で制した。

 大会は1572人(男子1382人、女子190人)が出場した。完走者は1270人(男子1145人、女子125人)で完走率は80・8%だった。宮古島市の同日正午時点での天候は曇りで気温は25・9度、風速は南東5・1メートル、湿度は88%。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス